スポンサーサイト


----------------- 中高年の転職・再就職/お役立ち情報 -----------------


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

[芥川・直木賞選考]青山七恵さんに芥川賞 直木賞該当なし


----------------- 中高年の転職・再就職/お役立ち情報 -----------------


 第136回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の選考委員会が16日、東京・築地の「新喜楽」で開かれ、芥川賞が青山七恵さん(23)の「ひとり日和(びより)」(「文芸」06年秋号、河出書房新社刊)に決まった。直木賞は該当作がなかった。青山さんの芥川賞受賞は史上7番目の若さ。直木賞の該当作がないのは4年ぶり。贈呈式は2月23日午後6時から、東京・丸の内の東京会館で開かれ、正賞の時計と副賞100万円が贈られる。

 芥川賞は、青山さんと同様に若くして同賞を受賞した選考委員の石原慎太郎さんと村上龍さんがそろって記者会見した。選考委員2人が出席するのは極めて異例。2人が同じ作品を推すのは初めてで、石原さんは「珍しく彼と同じ作品を推した」とおどけてみせた。

 石原さんは、青山作品について「素直に読めた。ニヒリズムに裏打ちされた人生の流転が非常に鮮烈に描写されていた」と絶賛。村上さんは「会話が過不足なく表現され小道具もよくそろっている。作者の視線が正確で力強かった」と評した。

 この日も午後4時まで会社にいたという青山さんは、黒の上着に茶色のスカート、黒のロングブーツ姿で会見場へ。「自分でも怖いくらいとんとん拍子だと思う」と信じられない様子。同世代の綿矢りささん、金原ひとみさんについては「ライバルとは思っていませんが、影響を受けたくなくて意識的に読むのを避けてきたこともあります」と語った。

 また直木賞の選考は、異例の長さに及んだ。選考委員の阿刀田高さんは「抜きんでている作品がないというのが共通した認識。2作品が最後まで残ったが、注目を浴びる賞として妥協はしないという判断に至った」と話した。【米本浩二、内藤麻里子】

 おめでとうございます! 若手の受賞ということでうれしいです。がんばってください!

(引用:Livedoor NEWS)


スポンサーサイト


転職に役立つ社会ニュース | 2007-01-17(Wed) 06:31:50 | トラックバック(-) | コメント(-)

Copyright © 中高年の転職 再就職に役立つ情報ニュースサイトです! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。