スポンサーサイト


----------------- 中高年の転職・再就職/お役立ち情報 -----------------


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

心もバラバラ、W不倫だった…新宿・渋谷バラバラ遺体


----------------- 中高年の転職・再就職/お役立ち情報 -----------------


  東京都渋谷区の外資系金融会社社員・三橋祐輔さん(30)がバラバラ遺体で見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された妻の歌織容疑者(32)と祐輔さんには、それぞれに交際相手がいる「ダブル不倫」状態だったことが12日、分かった。2人の間には離婚問題が持ち上がっていたといい、事件の背景には男女関係をめぐる夫婦間のいさかいがあったとみられる。新宿署特捜本部はこの日、歌織容疑者を送検した。

♪~この数日間関係のニュースを見ていて、人間の影の部分について考えさせられました。加害者への厳罰は当然のことですが、男女の・・・というか、人間としての尊厳を(硬い言葉になりますが)お互いが持ち合わせなければ、これからもっとこういう事件が頻発すると思う。ぞーっ!ですよ。



DV(家庭内暴力)に不倫、離婚話…。事件の背後には夫婦間のあらゆるトラブルが網羅されていた。特捜本部や関係者によると、2人は2003年3月に結婚。歌織容疑者が「結婚半年後には口論をするようになった」と供述するように、2人の間には、早々とすきま風が吹き始めていたようだ。

 転機が訪れたのは05年6月。歌織容疑者は自分の携帯電話のメールを祐輔さんに見られ、ある男性とのやり取りを発見された。一部報道では男性は同容疑者と同じジムに通っていたとされる。メールの内容に激高した祐輔さんから暴力を受けた歌織容疑者は鼻骨を骨折した。

 目黒区内の病院に運ばれたが、この病院から通報を受けた目黒署員の事情聴取に「夫から殴られた」と説明。傷害罪で告訴するように勧められたが「事件化すれば離婚しなければいけなくなる。夫のことなので届けません」と拒否した。だが自宅には帰ろうとせず「泊まる所を紹介して下さい」と懇願。家庭内暴力の被害者の保護施設を紹介された。

 しばらくして祐輔さんの説得に応じ自宅に戻ったが、その後も夫婦げんかは絶えなかった。マンション住人の話では、たまに2人の部屋から争うような物音、わめき声などが聞こえたという。

 夫の暴力は続いたが歌織容疑者は再三、祐輔さんに別の交際相手がいると疑い、友人などにしつこく聞き回っていた。興信所を使って夫の行動を調査したこともあった。

 互いの不信感は日を追うごとに募り、昨年秋ごろから祐輔さんも別の女性と交際するようになり「ダブル不倫」に突入したという。この女性との再婚を考えるようになり最近になって、それぞれの両親や友人、弁護士に離婚の相談をしていた矢先の悲劇だった。

 調べに対し、歌織容疑者は「夫は一度として真に『悪かった』と謝ったことはなかった」と夫への強い不満を訴える供述をしている。両親には「迷惑をかけた」と話すものの、夫にわびる供述はしていないという。

2007年01月13日15時45分 (引用:Livedoor NEWS)

スポンサーサイト
転職に役立つ社会ニュース | 2007-01-13(Sat) 16:17:49 | トラックバック(-) | コメント(-)

Copyright © 中高年の転職 再就職に役立つ情報ニュースサイトです! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。