スポンサーサイト


----------------- 中高年の転職・再就職/お役立ち情報 -----------------


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

時のことば『団塊世代』


----------------- 中高年の転職・再就職/お役立ち情報 -----------------


期待される新たな社会・文化的貢献

  今年からは、1947年(昭和22年)から49年にかけての第一次ベビーブームで生まれたいわゆる「団塊世代」が大量に退職期を迎える。そこから派生する熟練労働者不足(メーカーにとっては深刻と聞く)、総額80兆円ともいわれる退職金による中小企業の負担増、年金の支払い増などによる企業の体力低下のほか、そうした資金をあてにした金融機関の商品プロモート、退職後の消費支出による新市場の開発といった一連の動きを、ひっくるめて07年問題と総称することが多い。

 ちなみに、47~49年の総出生人口は約800万人。最近の国勢調査による団塊世代の人口は約700万人弱と推計されている。この世代の退職に伴って支出される退職金は、ある民間シンクタンクの試算によれば約81兆円で、これは韓国の国内総生産(GDP)にほぼ匹敵する金額になる。

 団塊世代の特色については今さら多くを説明する必要はないだろう。いわゆる“全共闘世代”であり、戦後の混乱期とともに高度成長と成熟を肌で感じ取ってきた世代だ。また、学生運動の挫折の一方で立ち直り(?)も早く、多くはその後大企業などに入り高度成長を支えた。働き過ぎと呼ばれる世代でもある。

 ところでどうだろう。この世代に対する評価というのは、功罪相半ばするというのが本音のところではないだろうか。

♪~今年から退職を迎える団塊世代。まだまだ若いですよね! そのパワーには圧倒されることしばしばです。悔しいけど。・・・



 ◆ ◆ ◆

 私はこの世代の少し下に当たる年代に属するのだが、時代背景やフィーリングをかなりの部分共有しており、考えていることが何となく分かる気もしている。何といってもマンガ『三丁目の夕日』の時代の真っただ中を経験しているからである。

 私的な表現は勘弁してもらいたいが、団塊世代の特徴は、(1)バイタリティーがあり、競争に慣れている(2)平等や多様な価値観を最初に経験した世代であり、群れることばかりを好まない個性派も多い世代(3)なかなか失敗を認めない、あまり反省をしたがらない性向がある――といったことではないかと思う。

 もっと言えば(3)の特徴は、裏返せば自信家であるということだ。つまり、多くの競争相手の中を生き抜いてきた世代であり、成功体験も多い。かつ経済的にも一番恵まれた層に属し、今後も年金等の問題にぶち当たることはないといわれる。一面で“逃げ得世代”などともいわれる遠因がそこにある。

 とりとめもない言い方になってしまうが、どうも団塊世代の生き方や今後について、手放しでは尊敬できない私的思いがある。学園紛争、ビートルズ、エルビス・プレスリー、アメリカ文化の絶対性、深夜放送――などと共にあった戦後世代が、退職後も同じベクトルに向かうことのない個性的な“元気おじさん”を大量に生み出すことは事実。またそれが、社会の一定の勢力になることは認めたい。しかし、この世代は価値観の破壊の一方、それに代わる価値観を生み出し得なかった責任も、どこかにあるような気がしてしまうのである(現在の成熟した経済に比べて、私たちは成熟した精神を獲得していない)。

 団塊世代のヒーロー「課長島耕作」(現在は専務)を描き出した漫画家・弘兼憲史氏(47年生まれ)も、盛んにこの世代に応援歌を送っている。しかし、どうですかねぇ。この世代にこんなにカッコの良い人がいるのかどうか(もちろん、仮想の話だが)。今さらチョイワルがどうのというよりは、その元気さを地域(コミュニティー)活動やより文化的な活動といった面に振り向けてくれればなどと、要らぬお節介だが思ってしまう。また、この世代はその素質は十分に持っていると思うのである。

ライブドア・ニュース 満富俊吉郎

2007年01月05日11時27分 (引用:ライブドアニュース)

スポンサーサイト
転職に役立つ社会ニュース | 2007-01-05(Fri) 11:27:03 | トラックバック(-) | コメント(-)

Copyright © 中高年の転職 再就職に役立つ情報ニュースサイトです! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。