スポンサーサイト


----------------- 中高年の転職・再就職/お役立ち情報 -----------------


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

[FX ☆FX必勝☆] トヨタ 暗雲!自動車摩擦再燃か


----------------- 中高年の転職・再就職/お役立ち情報 -----------------


トヨタ 暗雲!自動車摩擦再燃か

 時価総額30兆円を超えたばかりのトヨタ自動車に、一転、暗雲が。

 貿易摩擦の再燃――最も恐れていた不安材料が表面化してきそうなのだ。

 ムム、日本バッシングが再燃か?



 「トヨタを友人と考えていない」「危険な競争相手」などと、ゼネラル・モーターズ(GM)や旧クライスラーなどビッグスリーの経営トップを歴任した米自動車業界の重鎮が日本のマスコミのインタビュー(2月28日付)に応じてこう言い放った。ここまで露骨な発言はこれまでなかっただけに「大地震の前ぶれ」と自動車関係者の緊張が一気に高まっている。日本バッシングが再燃すれば、北米で稼ぐ日本の自動車メーカーにとっては最大のリスクとなる。

 なかでも矢面に立つのはトヨタだ。ビッグスリーの不振を尻目に“独り勝ち”状態が続きGMを抜くのも時間の問題とされる上に、北米でのトヨタの販売台数に占める現地生産比率がホンダや日産自動車に比べ大幅に低い水準にあり反感を買いやすい。そのため「トヨタ発」貿易摩擦回避策の必要に迫られている。

 輸出依存度の引き下げは経営の最優先課題のひとつだろう。トヨタの米国の現地生産比率は約54%(06年実績)。同比率が約8割に達するホンダや日産自動車に比べ大きく見劣りする。一方、ガソリン価格高騰に伴い、低燃費の小型乗用車「ヤリス」など米国やカナダで生産していない車種の人気が高まり、トヨタの北米向け輸出は昨年、過去最高の134万台に達した。06年秋の中間選挙では保護主義的な傾向が強いとされる民主党が躍進、上下両院の多数を占めたこともプレッシャーだ。

「2月27日にトヨタが北米で8番目の工場を建設すると発表して米国での雇用確保と現地生産比率のアップを図ろうとしているが、これだけじゃ、すまない」(自動車ジャーナリスト)

 好事魔多し。トヨタはこれからいっそう難しい舵取りが求められる。

(引用:Livedoor NEWS)
スポンサーサイト
未分類 | 2007-03-03(Sat) 22:45:03 | トラックバック(-) | コメント(-)

Copyright © 中高年の転職 再就職に役立つ情報ニュースサイトです! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。