スポンサーサイト


----------------- 中高年の転職・再就職/お役立ち情報 -----------------


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

グーグル・アース テロリスト悪用の恐怖


----------------- 中高年の転職・再就職/お役立ち情報 -----------------


  世界中の衛星写真を見られるとして人気を呼んでいるバーチャル地球儀ソフト「グーグル・アース」だが、その鮮明な画像から「安全保障上の脅威になる」との声も挙がってきた。そして、ここに来て「イラクの武装グループがグーグル・アースの地図をプリントアウトして所持していた」という報道も飛び出し、心配が現実のものになってきた。

   グーグル・アースは、2005年6月に英語版の提供がスタート、06年9月には日本語版もサービスを開始した。日本語版では、衛星写真だけでなく、道路や建物の名前も表示されるようになっている。画面のきめ細かさは、日本国内の都市部では1ピクセル50センチ程度で、自動車を1台ずつ見分けられるほどの解像度の高さだ。

 技術とは使い方しだいだと思いますね。



インド、タイ、韓国なども懸念

   その一方で、この高性能ぶりが別の懸念も呼んでいる。例えば、インドの軍港都市として知られるムンバイの衛星写真が詳細に表示されることから、同国のカラム大統領が05年10月に「テロリストが容易にネットで衛星画像を入手できるのは問題だ」などとして批判したほか、タイ、韓国なども、同様の懸念を表明している。

   その懸念が現実になったかと思わせるような記事が、07年1月14日、英国の新聞社系ニュースサイト「テレグラフ」に掲載された。英国軍が駐留しているイラク南部の都市・バスラ発の「英陸軍の情報筋」を情報源とした記事で、「テロリストがグーグルの地図を英国軍攻撃に利用」という見出しが付いている。
   英軍が武装勢力の拠点を急襲した際に、グーグル・アースからプリントアウトされた衛星写真が押収されたのだという。さらに、これらの衛星写真には、基地内のテント宿舎や洗面所など、攻撃を受けやすいエリアの情報が示されている、としている。記事では、情報部員の

「彼ら(武装勢力)が、攻撃を計画するためにグーグル・アースを利用しているのではないか、と懸念しています。テントなどの最も攻撃しやすいエリアを特定するために利用しているに違いありません」

という声を紹介した上で、英国軍基地は日々外部から砲撃を受けている、といった現地の緊迫した様子を伝えている。

撮影後2~3ヶ月経過した写真しか入手できない

   このグーグル・アース、日本でも人気で、その利用法を紹介する本も複数発売されている。その中には、「軍事活動をのぞき見しよう!」というコーナーを設け、グーグル・アースで見られる世界各地の軍事基地の写真が数十点紹介しているものもある。日本では、横田基地や厚木基地などが紹介されている。ここまで大量の写真が見られるとなると、軍事関係者が「安全保障上の懸念」を表明するのも一理あるかもしれない。

   その一方で、グーグル日本法人の広報担当は、J-CASTニュースに対してこう反論する。

「そもそも、グーグル・アースで使用している写真は、一般に販売されているものです。それに、写真を仕入れている企業でも、プライバシーの問題から、撮影後2~3ヶ月経過した写真しか販売しません。各国、独自に最新の衛星写真を入手なさるでしょうから、グーグル・アースの古い写真は軍事用には役に立たないでしょう」

   確かに正規軍同士の戦争といった場面では役に立たないのは確かだが、テロリストには貴重な情報であるのは間違いない。心配はやはりぬぐえない。

(引用:Livedoor NEWS)
スポンサーサイト
転職に役立つ海外ニュース | 2007-01-19(Fri) 00:21:31 | トラックバック(-) | コメント(-)

Copyright © 中高年の転職 再就職に役立つ情報ニュースサイトです! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。