スポンサーサイト


----------------- 中高年の転職・再就職/お役立ち情報 -----------------


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

徹底総括 マネー不信をこえて(1)


----------------- 中高年の転職・再就職/お役立ち情報 -----------------


「小泉後」のニッポン考現学 田中康夫さん

ライブドア、アイフル、村上ファンド、中央青山監査法人、日本銀行、三井住友海上火災、第一生命、福島県、和歌山県、宮崎県、近未来通信、日興コーディアルグループ・・・。

 今年1年間に、企業・組織やその責任者個人が引き起こしたマネーにまつわる不祥事は枚挙にいとまがない。経営トップが頭を下げ、釈明原稿を棒読みするような謝罪会見がニュース番組や新聞のトップを飾るのは、もはや日常的な風景と化した。

 「時代の寵児」の一見華やかな言動は、経営者の脆弱な遵法意識や制度上の抜け道など日本経済の問題点を次々と露呈させた。また、多くの企業が危機感から企業価値向上に目覚める一方、少子高齢化などで先行き不透明な市場での生き残りをかけて、名門企業が次々とM&A(合併・買収)や非公開化に奔走した1年でもあった。

 「いざなぎ超え」の景気拡大をよそに、新興市場の低迷基調が続く中、混乱する日本経済に揺るぎない価値観で対峙してきた各現場のキーパーソンの言葉からこの1年を振り返りたい。まずは、総論として、『なんとなく、クリスタル』などの著書や市民運動、地方自治を通じて、「ほんものの豊かさ」を追求してきた作家の田中康夫さん(50)に聞いた。(全5回)

~相変わらず吠えてますねー! いいですねー(管理人)。



 ◆ ◆ ◆

── お金をめぐる企業不祥事が相次いだ1年だったが。

 この5年半で250兆円も借金が増大して世界一の借金国となった「小泉偽装改革」のウソが露呈しているんじゃないの。いろんな場所で、同時多発的に。悪役を買って出る人がいる案件だけ、聞こえのよいワンフレーズを絶叫して、改革したように見せかけた。

 道路公団も民営化しただけで通行料金は下がらない。1キロあたりの建設費用は同じく民営化したイタリアと変わらないのに、料金は3倍以上。ローマ─ミラノは東京─神戸と同じ580キロで4000円弱。日本は1万3000円だよ。

 ファミリー企業も増えて、天下り先が確保された日本は役人天国だぜ。設備投資する会社を対象にした2兆円にも達するという企業減税にしても、旧来的な重厚長大型産業の延命に過ぎない。サービス業や福祉、医療などの分野には何もメリットがない。

── 重厚長大型の産業が改革を重ね、21世紀型に生まれ変わったという見方もできるのでは。

 日本のものづくり産業が本業では採算が合わなくなってきているので、まったく関係のない金融やIT、環境に手を出して、一見変わったように見えるだけ。

 造船や鉄鋼のメーカーなのに、ごみ処理の最新技術であるガス化溶解炉を作って息を吹き返している企業がある。でも実態は、今あるごみ処理施設が使えるのに国の方針で導入させて、海外より2、3倍の建設費用を自治体に負担させて暴利をむさぼっている。

 保有する意味がないから、3年経っても人口の1%にも満たない国民しか取得しない住基ネットにしても、全国で維持費用が年間300億円もかかる「カネ食い虫」システム。それで利権を握るIT企業がある。

 結局は「ハコモノ」の利権が聞こえの良いITや環境に変わっただけなんだ。超少子・超高齢社会で人口が減り、右肩上がりなんてありえない中で、どういう産業構造にしてどう成熟を保っていくか。そういう発想がない。

 象徴的なのは、「キッザニア東京」(民営の職業体験型テーマパーク)が子どもたちで満杯になっていること。一方で、郵便局が民営化で採算が合わないからといって「子ども郵便貯金」を廃止してしまう。目先の話だけで、地に足が着いていないよね。

── 景気拡大が続いているが、個人の資産を取り巻く現状は。

 内需拡大といっても、1500兆円もの個人マネーがあるのに、じいさん・ばあさんは使っちゃいない。それは、社会に対して不安だからだ。へそくりを使わぬまま昇天して、遺族も知らない口座の預金は銀行の不労所得となっている。パロディーだよ。

 しかも、「貯金するのは時代遅れで、投資するのが最先端だ」とかだまされて、郵便局の窓口でハイリスクな外資の投資ファンドを買わされて、米国に「寄付」しているわけだ。バブルが終わっても「アッシー」「ミツグ君」をやっている日本っていう国は何じゃらほい。保守派の人まで「米国追従でいいや」と言ってしまっている。

 真のイコールパートナーなら「これは好き」「これは嫌いよ」とキチンといってあげなければいけない。「米国のブッシュはイラク戦争の責任を取れ!」と今ごろになって言い出した日本の記者クラブ加盟メディアは、ブッシュに全面追従した小泉の責任も夜討ち朝駆けで追及しなきゃ。

── 「ヒルズ族」の代表格が相次いで逮捕・起訴され、「勝ち組」の意味するところも変わってきた。

 「フォニー」(まがい物)や「フォクシー」(ずるい人)じゃないものが、最後に残る。六本木ヒルズの会社は「フォニー」だったのかもしれないけど、永田町(政界)、霞ヶ関(官僚)、大手町(財界)の人間だって、多かれ少なかれ同じ穴の何とやら、とも言えるよね。

 だけど、大手町は既得権のピラミッドの掟にキチンと従って献金しているからおとがめなしで、ヒルズ族は献金しなかったから手入れを食らうってことかね。同じ行為をしていても、吉原は摘発されずに、渋谷や新宿の店は捕まっちゃうのと似た部分はあるね(苦笑)。

── 堀江貴文氏や村上世彰氏が世の中に与えた影響をどう評価しますか。

 2人とも最初は、既得権益を壊す「アンファンテリブル」(価値びん乱者)として出てきた。「コンシューマーオリエンテッド」(消費者重視)を叫んでいたようにね。でも、いつの間にかそれが自分を守る論理に変わり、アッという間に苔むす石になってしまった。

 一方で、ピラミッドの中でヌクヌクしていた年上の既得権者は、とりあえず理解を示すふりして、ある飽和点を超えたら目障りだから排除しちゃったわけでしょ。

── 「フォニー」でない価値観や時代を切り開いていく担い手とは。

 世の中を変える人は“ローリングストーンズ(複数形)”ではなく、自律した“ローリングストーン(単数形)”。そして、その個人が同じ志を持つ人と連帯する「ユナイテッド・インディヴィジュアルズ」になっていかねばならない。

 ミック・ジャガーたちは、一人ひとりが自律したローリングストーンとしての、顔の見える集合体だったから、烏合(うごう)の衆とならずに活躍し続けてきたんだ。

◇次回は、ライブドア事件直後に東証マザーズに上場したドリコムの内藤裕紀社長。



■徹底総括 マネー不信をこえて
第2回 ドリコム・内藤裕紀社長 脱ヒルズ IT起業家に第3の波(12月28日)
第3回 さわかみ投信・澤上篤人社長(12月29日配信予定)
第4回 三井法律事務所・熊谷真喜弁護士(12月30日配信予定)
最終回 ライブドア・平松庚三社長(12月31日配信予定)

2006年12月27日17時01分 (引用:ライブドアニュース)

スポンサーサイト
転職に役立つ経済ニュース | 2006-12-27(Wed) 17:01:42 | トラックバック(-) | コメント(-)

Copyright © 中高年の転職 再就職に役立つ情報ニュースサイトです! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。